シリカ水と水素水の違いとは?

最近、何かと流行っているシリカ水や水素水。

毎日お水は飲むのものですから、健康や美容にいいものを飲みたいと思うのは当たり前ですよね。

でも、どういったお水が健康や美容にいいのかちょっとわからなくなってしまうことがあると思います。

ミネラルウォーター

いいとわかっていても、実際にどのような効果があるかよく理解していないので、たとえば、シリカ水を飲んだらいいのか、あるいは水素水を飲んだらいいのか、どっちがいいのか困ってしまうこともあると思います。

基本的には、どちらも健康や美容にいいとされているので、どちらを飲んでも効果があると思われます。

水素水は、缶のボトルで売られているのをよく見かけます。

水素水には名前の通り、水素が含まれているお水のことです。

体には活性酸素が発生していて、それが体をサビつかせてしまう原因となってしまいます。

そこで、体内に水素を摂りいれることで、活性酸素と結びついて、水となって体外へ排出されるという働きがあるというわけです。

これにより、体のサビの原因となっている活性酸素を取り除くことができるので、水素水を飲むといったことにはこういったメリットがあります。

では、シリカ水はどうなのでしょうか。

シリカ水にはシリカ=ケイ素が含まれています。

ケイ素を体内に摂りいれると、色々な働きかけを行ってくれることになります。

水素水は活性酸素を取り除くという役割だけでしたが、ケイ素にはコラーゲンやヒアルロン酸の働きを活性化する働きがあったり、お肌の弾力や潤いを保つ働きがあったり、新陳代謝をアップさせたり、免疫力を高めたりする効果を期待することができます。

こういったことからも、ケイ素を体内に摂りいれるということは、様々な効果があるといっても過言ではないと思います。

そういった観点から考えると、水素水よりシリカ水の方が、体で働きかける効果が多いと思われます。

なので、もし、水素水とシリカ水のどっちを飲んだらいいのかと迷うことがあったとしたら、体に働きかけが多いシリカ水の方がいいのかもしれません。