シリカ水と水素水、結局どっちがいいの?

健康や美容に気を使っている女性は最近、とても多くなったと思います。

やはりアンチエイジングというか、年齢を重ねるのが女性であれば誰もが怖いと感じていると思います。

私もそうです。

年を重ねるのが怖いです。

年を取って、どうなっていってしまうのか考えるだけで憂鬱になってしまいます。

できれば、年を取りたくないものですよね。

20代の頃は、そういったことは全く考える必要がなくて、むしろ早く大人になりたいと思っていたぐらいです。

大人になればなるほど、責任などもついてきますし、30代ぐらいから年相当に見た目が老け始めてきてしまいます。

また、顔に性格が出るとよく言ったもので、同じ歳の人とでも、全然老け方が違うといったことにも遭遇するようになりました。

こういったことからも、日頃から健康や美容に気を使う必要があると改めて思います。

さて、健康や美容に大きく影響を与えるものに、体内に取りいれるものがあると思います。

体の中に直接取り入れるわけですから、悪いものを摂取してしまうと、体の不調などの影響も及ぼすことになってしまいます。

体の中に直接取り入れるものですから、やはりそれなりに気を使って、体に良いものを取りいれる必要があると思います。

人が生きて行く上で欠かせないものに水があります。

水

水は直接、体内に取りいれるものです。

この水というのが思っている以上に重要な役割を果たし、良い水を摂取することで、体にも良い影響を及ぼすということがわかってきています。

最近では、水素水やシリカ水などが有名だと思います。

水素水やシリカ水にはそれぞれ、体に良い影響を及ぼす効果があります。

水素水、シリカ水のそれぞれに体に及ぼす影響が異なりますので、一概にどちらの方がいいと言い切ることはできませんが、両方とも優れたものと言えます。

それぞれに体に及ぼす影響が異なりますので、その時の体の状態に合う方を飲むのが1番ではないでしょうか。

たとえば、水素水であれば、活性酸素を取り除きたいと思うような時に飲むのがおすすめです。

シリカ水は、コラーゲンの活性やお肌のハリ・弾力を保つ働き、新陳代謝を高める働きなどがあります。

その時のお肌や体の状態に応じて、飲み使い分ければいいのではないでしょうか。

おすすめなのは、水素水とシリカ水の両方を家に常備しておくことです。

朝起きた時の体の状態に合わせてどちらを今日飲むか決めればいいと思います。

水素水、シリカ水ともに体に良い影響を及ぼすものなので、積極的に飲み続けたいお水であることには間違えないでしょう。

毎日2リットルのお水を飲むように意識する

最近、健康や美容に関するブームが続いていますよね。

それはもっともなことだと思います。

なぜなら女性であれば、誰もがいつまでも美しくありたいと願います。

女性でなくても、いつまでも健康でいたいと願うことでしょう。

そういったことからも健康や美容に対して敏感になる方が増えたということかもしれません。

健康や美容に関心を持つことはとてもいいことだと思います。

そのような中でも、お水について、最近ではこだわりを持つ人が増えてきているように感じています。

お水というものは毎日必ず飲むものですから、それにこだわりたいというのはとてもわかる気がします。

体の中に直接取り入れるものですから、飲みお水もちゃんとしたものがいいですよね。

人の体は60~70%は水でできていると言われています。

それだけ人の体には水が重要ということが言えると思います。

水

人は1日2リットルのお水を飲むことを推奨されています。

1日2リットルのお水というとかなり大量にお水を飲まないといけないように感じてしまいますが、人の体の60~70%が水でできているというわけですから、その分、水を新鮮なものに取り換える必要があるということもうなづけるような気がします。

体の中のお水を毎日キレイなものに換えることで、体の中をいつも新鮮なものに保つことができるのではないでしょうか。

毎日2リットルというのは意識をして飲まないといけない量のお水ですが、それでも健康に美容にのためであれば、頑張って飲むことができるのではないでしょうか。

2リットルというと1.5リットルのペットボトル+500mlのペットボトル分の分量になります。

500mlのペットボトルぐらいであればすぐに飲めてしまいそうですが、1.5リットルとなるとこれは至難の業のような気もしてしまいます。

1.5リットルのお水を1.5リットルも飲んでいると感じることなく、飲めるように自分なりに工夫などして、毎日2リットルのお水を飲むように習慣づけることをおすすめします。

毎日2リットルのお水を飲んで、健康にキレイになるように努力してみましょう。